病院に行くべき腰痛、自分でコントロールできる腰痛

腰痛には骨そのものが原因の場合と、筋肉のハリ・コリや筋力低下が原因の場合があります。
腰の痛みは肩こりなどに比べると生活に支障が出るため不安を感じやすいですが、ある統計によると腰痛を主訴に整形外科を受診した人の8割がレントゲンやMRIなどの画像診断では問題が見つからず、筋力低下や疲労によるものだと推定されたということです。

日常的に起こる腰痛や慢性的な腰痛の原因の多くは、加齢によるものと考えても良いかもしれません。

そして、その種の腰痛は的確な運動と整体などの手技療法の併用で管理できる可能性が十分あります。



しかし、中には注意しなければならない痛みが紛れていることもまた事実です。

病院に行くべきか否かの判断材料としては、

・動けるかどうか
・体験したことのない強い痛みかどうか

上記2点が大事です。

動けない場合、はじめての強い痛みの場合はまずは整形外科を受診し、自分のからだに何が起きているのか医学的に確認してもらうことが重要です。